審査通過の近道!おすすめの創業融資支援会社・事務所3選
創業融資完全マニュアル » 創業融資の審査を通過するには?3つのチェックポイント » 2.財政状態

2.財政状態

創業融資の担当者は、申請者の現在の「財政状態」をチェックします。融資する側からすれば、相手に返済能力があるかどうかは重要なポイント。ここでは、審査の際に、財政状態の何を重要視しているかポイントを3つまとめました。

創業融資の審査で「財政状態」について重要視される3つのポイント

1.事業継続の耐久力

起業して事業が軌道に乗るまで、時間はかかるもの。融資担当者は、それまで事業を継続できる耐久力があるか資産をチェックします。資金が潤滑であればあるほど何かあった場合に対応できると判断されるので、自身の資産をきちんと開示しましょう。

具体的な資産の例は以下のようなものがあります。

<資産の例>

2.負債の量

資産だけではなく、負債をどれくらい抱えているかも重要視しています。住宅ローンや自動車ローンなどがありますが、すでに初期投資をして負債のある方もいるでしょう。返済計画や資料をもとに負債の内容説明が不可欠です。

申請時の負債額が大きいと「融資しても返済できないのでは?」とマイナスな印象を与えてしまいます。かといって、情報を隠すのはもっての外。信用してもらえるよう、正確な情報を開示することも大切です。

3.諸支払い振り

これまでの「支払い」が滞りなく期日通りに支払っているかチェックします。公共料金やクレジットカードの支払いなど、遅延していないか領収書や銀行口座の記録で説明を求められるでしょう。「期日を守る人=返済能力のある人=信用できる人」と判断されるため、「支払い記録」は重要なのです。

創業融資を確実に受けるには

3つのポイントをまとめましたが、融資の審査には「信用」が大切です。資産・負債・支払いの財政状態を示すために、ポイントを踏まえて資料を用意し資産・負債を見直してみましょう。

この時点で「自分だけで上手くできるか」と不安に感じる方は、融資のプロに相談してはどうでしょうか。財政状態以外にもチェックされる項目は多岐にわたります。事業計画書の作成や資産の見せ方など、プロの力を借りるのも一つの手です。すべて1人でこなせる方は自身で、時間がなく不安な方はプロへ、効率よくスムーズに融資を受けられる方法を選びましょう。

審査通過の近道!おすすめの 創業融資 支援会社・事務所 3選

あなたの目的はどれですか?

審査通過の近道!
おすすめの
創業融資サポート・支援会社(事務所)3選

Copyright (C) 失敗しないための「創業融資」完全マニュアル All Rights Reserved.