審査通過の近道!おすすめの創業融資支援会社・事務所3選
創業融資完全マニュアル » 「新創業融資」を受けられる日本政策金融公庫の融資制度 » IT活用促進資金

IT活用促進資金

IT活用促進資金とは、情報化を促す投資をする方へ政策金融公庫が行っている融資の制度です。ここでは、IT活用促進資金の融資限度額や条件も紹介します。

IT活用促進資金の融資を受ける条件

IT活用促進資金の融資を受ける条件には以下のようなものがあります。

制度を利用できる方

  1. 以下のうち、いずれかに該当する方
  2. 情報技術を活用した効果的な企業内業務改善や企業内の情報交換等、業務の高度化を行う方
  3. 他企業や消費者等の間でネットワーク上の取引や4 情報の受発信を行う方
  4. 企業内業務の情報技術の水準、取引先や企業外の情報技術の水準に合わせようとする方
  5. 情報技術の活用で業務方法・業務内容など、経営革新を図ろうとする方
  6. 1~4を組み合わせる等、情報技術を高度に活用する方
  7. ケーブルテレビ事業者
  8. 軽減対象課税資産の譲渡等を行う方
  9. IoTを活用して生産性の向上を図る方やIoTを導入するために専門家の助言・指導を受けている方

IT活用促進資金の基本情報

資金使途

設備資金やリース運転資金など

融資限度額 7,200万円(うち運転資金4,800万円)
年率(%) 基準利率 2.26~2.85
特別利率A 1.86~2.45
特別利率B 1.61~2.20
特別利率C 1.36~1.95
返済期間 【設備資金】
20年以内(うち据置期間2年以内)
【運転資金】
7年以内(うち据置期間2年以内)

IT活用促進資金で「新創業融資制度」を申し込む前に…

IT活用促進資金は様々な用途に活用されています。ある美容院では「売上向上のためのニーズ把握」と「顧客データ管理」に活用。POSレジ導入で売上データ管理し、顧客の年齢や利用したサービス、担当美容師情報などを登録しました。結果、顧客が好きなサービスが明確になり、売上がアップしたのです。このようなシステムは資金がなければ導入が難しいのが現状。その点IT活用促進資金の融資が受けられれば導入することができます。

問題なのは新創業融資制度の融資を受けるのが難しいこと。自分達で融資を申請し面接を受けるなら、まず通らないと思っておいたほうがよいでしょう。そこでおすすめなのが、融資のサポートや支援を行ってくれる会社に依頼することです。融資の専門家が最後までサポートしてくれます。当サイトでも、融資通過率99%の会社を紹介しているので、まずはチェックしてみましょう。

創業融資の審査をサポートしてくれる
おすすめの支援会社・事務所3選

審査通過の近道!おすすめの 創業融資 支援会社・事務所 3選

あなたの目的はどれですか?

審査通過の近道!
おすすめの
創業融資サポート・支援会社(事務所)3選

Copyright (C) 失敗しないための「創業融資」完全マニュアル All Rights Reserved.