審査通過の近道!おすすめの創業融資支援会社・事務所3選
創業融資完全マニュアル » 「新創業融資」を受けられる日本政策金融公庫の融資制度 » 事業承継・集約・活性化支援資金

事業承継・集約・活性化支援資金

事業承継・集約・活性化支援資金とは、事業を承継する方へ政策金融公庫が行っている融資制度です。ここでは、事業承継・集約・活性化支援資金の融資限度額や条件、融資が受けやすくなる方法を紹介します。

事業承継・集約・活性化支援資金の融資を受ける条件

事業承継・集約・活性化支援資金の融資を受ける条件には、以下のようなものがあります。

制度を利用できる方

  1. 安定的な経営権を確保し、事業の承継・集約を行う方
  2. 中小企業経営承継円滑化法の規定に基づいた認定を受けた中小企業者の代表者
  3. 一定の要件がある事業承継で経営者個人補償の免除等を取引金融間に申し入れ、取引金融機関から資金調達が困難である方のうち、公庫が融資で経営者個人補償を免除する方(※1)
  4. 中期的な事業承継を計画し、現在の経営者が候補者を含む後継者と共に事業承継計画を策定している方
  5. 事業の承継・集約で、新たに経営多角化や事業転換といった第二創業や新たな取り組みを図り、おおむね5年以内の方

【制度を利用できる方の注釈】

※1 経営者保証免除特例制度や新創業融資制度が適用される方

事業承継・集約・活性化支援資金の基本情報

資金使途

事業の承継・集約に必要な設備資金や運転資金

融資限度額 7,200万円(うち運転資金4,800万円)
年率(%) 基準利率 2.26~2.85
特別利率A 1.86~2.45
特別利率B 1.61~2.20
返済期間 【設備資金】
20年以内(うち据置期間2年以内)
【運転資金】
7年以内(うち据置期間2年以内)

利率が変わる方

使い道・返済期間・担保の有無など、一定の要件を満たす方は利率が変わる場合があります。

事業承継・集約・活性化支援資金で「新創業融資制度」を申し込む前に…

事業を承継する方に融資を行っている事業承継・集約・活性化支援資金。事業承継を期に新たな取り組みをはじめようと考えている方におすすめです。また事業承継時には、思わぬ資金が必要になりやすいもの。そのため、なるべく利率の優遇が受けられる事業承継・集約・活性化支援資金で融資を受けておきましょう。

ただ、個人で新創業融資制度を申し込んでも、なかなか融資が受けられないのが現状です。審査を通るためには、創業融資のサポート・支援を行っている会社に依頼するのが近道。融資の専門家が希望額通りの融資が受けられるようにサポートしてくれます。当サイトでも融資通過率が99%で高額融資を成功させている会社を紹介していますので、融資を検討している方はご確認ください。

創業融資の審査をサポートしてくれる
おすすめの支援会社・事務所3選

審査通過の近道!おすすめの 創業融資 支援会社・事務所 3選

あなたの目的はどれですか?

審査通過の近道!
おすすめの
創業融資サポート・支援会社(事務所)3選

Copyright (C) 失敗しないための「創業融資」完全マニュアル All Rights Reserved.