審査通過の近道!おすすめの創業融資支援会社・事務所3選
創業融資完全マニュアル » 「新創業融資」を受けられる日本政策金融公庫の融資制度 » 再チャレンジ支援融資(再挑戦支援資金)

再チャレンジ支援融資(再挑戦支援資金)

再チャレンジ支援融資(再挑戦支援資金)とは、廃業等の経験を持つ方の再チャレンジに対して、日本政策金融公庫が行なっている融資の制度です。ここでは、再チャレンジ支援融資(再挑戦支援資金)の融資限度額や条件、融資の通過率を高める方法を紹介します。

再チャレンジ支援融資制度の融資を受ける条件

再チャレンジ支援融資制度(再挑戦支援資金)の融資を受ける条件には、以下のようなものがあります。

制度を利用できる方

以上の要件すべてに当てはまる方で、新たに開業する場合や開業後おおむね7年以内の場合、制度を利用できます。

再チャレンジ支援融資の基本情報

資金使途
  • 新たに事業を始める資金
  • 事業開始後に必要な設備資金や運転資金
融資限度額 7,200万円以内(うち運転資金4,800万円)
年率(%) 特別利率A 1.86~2.45
特別利率B 1.61~2.20
基準利率 2.26~2.85
返済期間 【設備資金】
20年以内(うち据置期間2年以内)
【運転資金】
7年以内(うち据置期間2年以内)

利率が変わる方

一定の要件を満たす方は利率が変わる場合がありますので、ご注意ください。

再チャレンジ支援融資は、その人によって利率が変わることがあるようです。女性の方、その他35歳未満もしくは55歳以上の方は、特別利率Aが適用されます。技術やノウハウにた新しいセンスを感じられる方は、特別利率Bが適用されます。

また、担保の有無によっても利率は変動します。担保入れずに融資を受ける場合は、特別利率Aだと利率は1.66〜2.15%、特別利率Bは1.61〜2.10%です。担保を入れて融資を受ける場合は、特別利率Aだと0.76%〜1.85%、特別利率Bでは0.51%〜1.60%の利率となります。

やはり、担保があるほうが利率は低くなりますね。ちなみに、特別利率Bが適用されるには一定の要件を満たす必要があり、必ずしも適用されるとは限らないようです。事業内容はとても幅が広いので、詳細は各支店の窓口に問い合わせてみましょう。

また、事業内容に新しいセンスが見られる方で、一定の要件を満たしていると、「挑戦支援資本強化特例制度」という資本制ローンを利用することもできます。こちらは、利息のみ毎月支払い、融資金額は期限のときに一括で返済するシステムの融資制度です。必要な方は検討してみるのもよいと思います。

こんな人は審査を通りやすい

「再チャレンジ支援融資」は、その名の通り過去に失敗をしてしまった経験がある人が再度事業に挑戦したい時に申請でいる融資制度です。このため、過去に自己破産をして面積を受けたことがある人や、過去に負債を抱え、返済がとど起こった経験があるけれど、今は完済している人や、今現在負債があるけれど、完済できる見込みがある人は、再チャレンジ支援融資の審査に通りやすいといわれています。

ちなみに、日本政策金融公庫の再チャレンジ支援融資において、利用できる人として上記のほかに、廃業の理由や事情が止む終えないものであること、とされています。例えば、廃業や破産をしてしまった理由が、震災など天災による被害が原因の場合には、審査は通りやすいと思われます。

過去に免責を受けた人でも審査に通る可能性はありますが、実際に申し込んだ人で審査が通らなかった人も少なくないようです。審査に通らなかった理由は明確にされないことが多いようですので、状況によって融資を受けられない可能性があることは理解しておきましょう。融資については自己判断で解決できないことも多いので、まずは最寄りの窓口に相談してみるとよいですね。

再チャレンジ支援融資を利用できない人

日本政策金融公庫では、審査が受けられない人について明確な基準を設けていませんが、融資を受けにくい人はやはり存在します。簡単にいうと、融資を受けられる人として、負債があっても完済の見込みがある人はとされていますので、現在負債を抱えていて、完済の見込みが立っていない人は融資が受けにくいといえます。

廃業した事業で大きな負債を抱えてしまい、未だその返済を行っていて、完済まで長期間を要すると判断された人や、破産手続きをしたけれど免責決定を受けられず、支払い義務がある人などは、融資を受けられないと考えましょう。そのほか、実際に再チャレンジ支援融資を申請したけれど審査に通らなかった人として、過去に日本政策金融公庫で借り入れをし、事業がうまくいかずに自己破産をした人が挙げられます。

ようは、日本政策金融公庫の借り入れに対して事故を起こしてしまった人です。日本政策金融公庫は全国銀行個人信用情報センターに加入しており、こちらに破産情報が記載されている間は融資を受けることができないということかもしれません。こちらの個人信用情報機関は、10年間情報が掲載されますので、その間は融資を受けることが難しいと考える融資の専門家もいるようです。

再チャレンジ支援融資で「新創業融資制度」を申し込む前に…

再チャレンジ支援融資制度(再挑戦支援資金)を利用する時に一番重要な要件は、「廃業時にあった負債が現在も残っている場合、期間内で整理か完済できる見込みがあるかどうか」です。見込みがある場合は、制度を利用できます。

再チャレンジを成功させるためにも、再チャレンジ支援融資制度で資金を調達したいところ。しかし、新創業融資の申し込みをしても、門戸は狭く断られるケースが多いのが現状です。融資を受けやすくするためには、創業融資のサポート・支援をしてくれる会社に依頼することがおすすめ。専門家が審査をクリアする書類作成の手助けをしてくれます。当サイトでも完全成果報酬型で着手金不要の会社を掲載。ぜひご確認ください。

創業融資の審査をサポートしてくれる
おすすめの支援会社・事務所3選

審査通過の近道!おすすめの 創業融資 支援会社・事務所 3選

あなたの目的はどれですか?

審査通過の近道!
おすすめの
創業融資サポート・支援会社(事務所)3選

Copyright (C) 失敗しないための「創業融資」完全マニュアル All Rights Reserved.