審査通過の近道!おすすめの創業融資支援会社・事務所3選
創業融資完全マニュアル » 「新創業融資」を受けられる日本政策金融公庫の融資制度 » 女性、若者/シニア起業家資金

女性、若者/シニア起業家資金

女性、若者/シニア起業家資金とは、事業開始後おおむね7年以内の女性の方・35歳未満の方・55歳以上の方に対して、日本政策金融公庫が行っている融資の制度です。ここでは、女性、若者/シニア起業家資金の融資限度額や条件、融資が受けやすくなる方法を紹介します。

女性、若者/シニア起業家資金の融資を受ける条件

女性、若者/シニア起業家資金を受ける条件には以下のようなものがあります。

制度を利用できる方

以上の要件のいずれかに該当する方で事業開始後おおむね7年以内の場合、制度を利用できます。

女性、若者/シニア起業家資金の基本情報

国民生活事業

資金使途
  • 新たに事業を始める資金
  • 事業開始後に必要な資金
融資限度額 7,200万円(うち運転資金4,800万円)
年率(%) 基準利率 2.26~2.85(※1)
特別利率A 1.86~2.45(※2)
特別利率B 1.61~2.20(※3)
返済期間 【設備資金】
20年以内(うち据置期間2年以内)
【運転資金】
7年以内(うち据置期間2年以内)

利率が変わる方

使い道や返済期間、担保の有無などの一定の要件を満たす場合、利率が変わるケースがあります。

【年率の注釈】

※1 土地取得資金
※2 土地取得資金を除く、運転資金と設備資金
※3 一定の要件を満たす新しい技術やノウハウ等をお持ちの方(土地取得資金を除く、運転資金と設備資金)

女性、若者/シニア起業家資金で「新創業融資制度」を申し込む前に…

女性、若者/シニア起業家資金は、低い利率が適用される金利負担の少ない融資制度。条件がゆるく、35歳未満ないしは55歳以上の女性であれば利用できます。新創業融資の審査も通りやすいといったイメージを持つ方がいるようですが、そんなことはありません。

審査に通るためには事業計画書の作成や自己資金の準備等を行うなど、入念な準備が必要。そのため、自分達のみで申請をしても実際は融資を受けられない場合がほとんどです。そこでおすすめなのが、創業融資をサポート・支援してくれる会社に依頼すること。難しい審査にパスできるように事業計画書作成や面談をサポートしてくれます。

創業融資の審査をサポートしてくれる
おすすめの支援会社・事務所3選

審査通過の近道!おすすめの 創業融資 支援会社・事務所 3選

あなたの目的はどれですか?

審査通過の近道!
おすすめの
創業融資サポート・支援会社(事務所)3選

Copyright (C) 失敗しないための「創業融資」完全マニュアル All Rights Reserved.